ヴィンテージを意識したインテリアにはこんなタイルがおすすめ!

ヴィンテージを意識したインテリアにはこんなタイルがおすすめです!

ヴィンテージのセメントタイル
ヴィンテージのセメントタイル

 施工例やブログでもお伝えしています様にインドネシアでは、大きなホテルやVilla、そして店舗などを中心に、セメントタイルが多用されています。

 セメントタイルのリバイバルは10年ほど前から始まっていて、インドネシアのみならず欧州や欧米など世界中で再普及、定着しております。

 施工はほとんど全て新しく製造されたものですが、時々バリ島でも、古い建物を建て替えのために壊した際、張ってあったセメントタイルを救出して使用するために保管しているのを見かけることがあります。インドネシアではおそらく50年ほど前にセメントタイルが一般国民に流行したものと思われます。セラミックタイルが普及する前です。

 欧米人などが、その古いタイルを大切に自身のVillaや店舗に施工することもありますが、そのタイルをよく観察してみると、裏に張り付けコンクリートの残りがガッチリと付いていることがほとんどです。それを取り除く作業自体がかなり大変な作業です。

 また、そもそもセメントタイルが施工されている取り壊す予定の建物に巡り会えることは稀なことでしょう。

当店では、新品のセメントタイルにエイジング加工を施した、ヴィンテージ風のセメントタイルも販売可能でございます。しかもお客さまのお好みのデザイン・色でオーダーメイドで作ることが出来ます。

ヴィンテージなタイルを使用しているバリ島のおすすめカフェ

 写真は、バリ島のジンバランのフォーシーズンズホテルの前にある、Balique(バリク)というインテリアがお洒落で人気のカフェです。世界中のツーリストにとても人気のあるエリアです。

cement_tile_vintage_gaudi

 アンティークな雰囲気がとてもカッコイイですね!好みのインテリアを作る参考になれば幸いです。

こちらは、カフェレストランBaliqueを紹介している外部サイトの記事です。

TRIPPING! バリ島ジンバランのヴィンテージレストラン「Balique」” 

“Balique” オリジナルサイト: http://www.balique-restaurant.com

 セメントタイルはデザインを無限に自由自在に作ることが出来ます。インダストリアル風 ・ナチュラル ・ヴィンテージ ・クラシック ・アジアン ・フレンチ・北欧モダン・アンティーク・・・ 建物やインテリアのコンセプトに応じたものをオーダーすることが可能です。 [ モチーフ多数!セメントタイルのカタログはこちらです。 ]

 そして、エイジング加工を施した、ビンテージ風のセメントタイルも販売可能でございます。現在、エイジング加工料金は無料で承っておりますので大変お得です。

 オーダー後、製造し船便で運びますので、納期は約2ヶ月~となります。セメント製品は、製造後一ヶ月近く養生するのがベストなので、その様に時間がかかるのです。余裕を持って計画されていただくと有難いです。

セメントタイルもいいかもしれない・・・と、気になりましたらお気軽にお問い合わせください!

バリ島の高級ホテル、ロイヤルピタマハのマンデラ恵子さんとの出会い / セメントタイルがつなぐご縁

ロイヤルピタマハ マンデラ恵子さんとの一枚
ロイヤルピタマハ マンデラ恵子さんとの一枚

バリ島にてマンデラ恵子さんとの出会い

 今日はセメントタイルつながりとしての番外編です。

 インドネシアのバリ島には、5000人ほど日本人が在住していると言われているそうです。(正確な人数はわかっていません) その中で、大変有難いことに、ウブドのプリアタンの王族の子孫に嫁いだ日本人、マンデラ恵子さんとの出会いがありました。以前からSNSでは繋がっていて、素敵な方だなぁと遠くから拝見していました。実際にお話ししてみると、なんと偶然にもご自宅の改装にセメントタイルを使用される予定だったのです。

 現地社長にも依頼されたため、ご自宅のほか、ロイヤルピタマハ内にてお話しを伺って来ました。kedewatan(クデワタン)という地域にある、villa形式のホテル、ロイヤルピタマハは、2004年に開業。マンデラ恵子さんは、このロイヤルピタマハなどを経営する元王族に1988年に嫁がれている方なのです。今回は、あまりにバリらしく素敵なため、ロイヤルピタマハとマンデラ恵子さんについて紹介いたします。

ロイヤルピタマハ

 ロイヤルピタマハには、アユン川の渓谷に沿った大自然の中に素敵なvillaの建物、ヨガなどのスペース、レストラン、プールが点在しています。この日は少し体調不良で下まで降りて行けず残念でした。中でも湧き水のプールがとても魅力的なのです。天女が舞い降りて水浴びをしたと言われている、とてもしっとりとした雰囲気のある、自然と一体化したようなプールです。いつかロイヤルピタマハに宿泊してぜひここで泳ぎたいと思っています。

 1~2時間、ロビーと天空のレストランでお茶を飲みながら過ごしただけでも、豊かな何かが身体の中に流れ込んで来ます。

 建築様式と、彫刻の装飾、絵画、植物など、バリ独特の文化が表現された素晴らしい空間。全てが芸術的です。癒しの時間を満喫しました。

バリ島の素晴らしい文化を紹介されるマンデラ恵子さん

 マンデラ恵子さんは、バリ島の文化を守ることを常に考えていらっしゃいます。SNS等でも積極的にバリ島の文化・・・バリ舞踊、音楽、絵画等を紹介されています。

 マンデラ恵子さんの嫁がれた村プリアタンには、ご主人のアナック・アグン・グデ・マンデラ氏が創設されたバリ舞踊で世界的にも有名なティルタ・サリ楽団があります。私が初めてこちらで観劇したのは約20年前。その時にはマンデラ恵子さんのことは存じ上げませんでしたが、バリ舞踊の独特さ、美しさに感激しました。

別宅の改装にセメントタイルを

 私の友人であるバリ人がセメントタイルの会社で社長としてお客さまに良いタイルを作るために奮闘していることをお伝えすると、そのセメントタイルを使用されたいということでした。また、タイル自体にもとても興味をお持ちになられて、100年以上前に日本が東南アジアに輸出したマジョリカタイルのお話にも花が咲きました。実は私は日本がインドネシアに輸出したマジョリカタイルを30枚ほど所有しています。また機会がありましたらマジョリカタイルも、マンデラ恵子さんの使用されるセメントタイルも写真に撮ってアップロードしたいと思っています。

 

 さすが芸術の村ウブドにある格式あるホテルだと感嘆させられます。バリ独特の建築様式、美しい石の彫刻、木の彫刻が施された扉など数々のインテリアエレメント。見どころが満載です。ひとつひとつにバリらしさが宿り、その空間にいるだけでヒーリング効果があるような気がします。

 ロイヤルピタマハの近くサンギンガンという地域には、やはりvilla形式のホテル、同系列のピタマハがあります。ここのスパには1999年頃に訪れたことがありますが、川の流れる渓谷のすぐそばで、マッサージや、お花を一面に浮かべたバスタブに入って楽しむ贅沢なスパを経験しました。もちろんロイヤルピタマハにもロイヤルキラーナというスパがあり、とても良いらしいのでこちらもいつか利用してみたいところです。バリ島に訪れる際にはぜひ行ってみて下さいね。

 バリ島での仕入の旅は、今回の様な楽しいハプニングがあるので人生が楽しくなります。

 ちなみに、この様な雰囲気のバリの石材彫刻を日本で再現したい場合、タイルショップ・ガウディでは、彫刻物を輸入し、施工することも実現可能です。セメントタイルはもちろんのこと、バリ島の建築仕上やインテリアエレメントをご要望の場合もお問い合わせ下さいませ。

Royal Pitamaha

ロイヤルピタマハ 日本語サイト:
http://www.royalpitamaha.jp

住所 (google mapにリンク): Kedewatan, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571

一部、完成しました!こちらのページをご覧下さいませ。

マンデラけいこさん別宅・セメントタイル施工例4
マンデラけいこさん別宅・セメントタイル施工例

 セメントタイルをバリ島より輸入販売しておりますTile Shop Gaudi タイルショップ・ガウディです。バリ島ウブド近郊に有りますセメントタイルメーカー “Sorasari cement tiles”より総輸入代理店として輸入販売しております。セメントタイルを皆さまに知って頂ける様に、また、建築やインテリアの参考になりますように、バリ島及び日本での施工例写真を紹介いたします。時々バリ島の生活や文化の写真も載せたいと思っています。