セメントタイル カタログ

セメントタイルのカタログはこちらからダウンロード出来ます。

沢山の種類がございますが、まだ載せきれていないものも多くあります。

また、お客さまのオリジナルモチーフもラフデザインからお作りしております。

現在無料にて以下のサービスをしております。

  • お客さまのオリジナルラフデザインから、セメントタイル用のデザイン作成
  • お客さまのオリジナル金型製作(金型そのものをお渡しすることは出来ません)

この機会をどうぞご利用下さいませ。

 

hoto-catalog-tileshopgaudi
photo-catalog-tileshopgaudi

セメントタイルのタイルショップ・ガウディ

【セメントタイルの施工例】 高級ホテルピタマハのマンデラ恵子さん別宅 / バリ島

マンデラ恵子さん別宅ティールーム
マンデラ恵子さん別宅ティールーム

【セメントタイルの施工例】 高級ホテルピタマハのマンデラ恵子さん別宅 / バリ島

 先日ブログにて紹介いたしました、ウブドのプリアタンの王族に嫁がれた日本人女性のマンデラ恵子さん。

 所有されている別宅を少しずつ修復されており、2019年秋頃に、バリ島でセメントタイルの配置デザインを少しお手伝いさせて頂きました。

 ピンク色の可愛らしい雰囲気のお部屋となりました。こちらはティールームとして、特にお客さまが来られた時に使用されるそうです。セメントタイルの手作りの暖かい雰囲気と、窓から見える自然に溢れた木々の景色とで、和みの空間になっていますね。ボーダー柄のタイルもアクセントになっています。

 また、全部で12段の階段の蹴上部分にそれぞれセメントタイルを。踏み面には石材を張られました。今後も少しずつ改装を進めて行かれる予定だそうです。

 ところで、kedewatan(クデワタン)という地域にある、villa形式のホテル、ロイヤルピタマハは、2004年に開業。マンデラ恵子さんは、このロイヤルピタマハなどを経営する元王族に1988年に嫁がれている方なのです。アユン川の渓谷に沿った大自然の中に素敵なvillaの建物、ヨガなどのスペース、レストラン、プールが点在しています。私も前回伺った時に、ロビーとレストランのみを拝見しましたが、バリらしく豪華で素晴らしい空間にうっとりとしました。

バリ島にも、以前のような活気が1日も早く戻ってきますように

 2020年9月下旬現在も、世界中でまだまだ大変な状況が続いております。沢山の従業員の方々と共に歩んで来られているロイヤルピタマハ。多くのホテルやVillaが早々に休業している中、かなり頑張っておられるご様子です。現在、宿泊のほか、Dayトリップが出来るラグジュアリーでお得なメニューもある様です。1日も早くこの状況が良い方向に向かうことを祈るばかりです。

Royal Pitamaha

ロイヤルピタマハ 日本語サイト:
http://www.royalpitamaha.jp

ロイヤルピタマハ 英語サイト:

https://www.royalpitamaha-bali.com

住所 (google mapにリンク): Kedewatan, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571

 セメントタイルをバリ島より輸入販売しておりますTile Shop Gaudi タイルショップ・ガウディ。バリ島ウブド近郊に有りますセメントタイルメーカー “Sorasari cement tiles”より総輸入代理店として輸入販売しております。セメントタイルを皆さまに知って頂ける様に、また、建築やインテリアの参考になりますように、バリ島及び日本での施工例写真を紹介いたします。時々バリ島の生活や文化の写真も載せたいと思っています。

バリ島の高級ホテル、ロイヤルピタマハのマンデラ恵子さんとの出会い / セメントタイルがつなぐご縁

ロイヤルピタマハ マンデラ恵子さんとの一枚
ロイヤルピタマハ マンデラ恵子さんとの一枚

バリ島にてマンデラ恵子さんとの出会い

 今日はセメントタイルつながりとしての番外編です。

 インドネシアのバリ島には、5000人ほど日本人が在住していると言われているそうです。(正確な人数はわかっていません) その中で、大変有難いことに、ウブドのプリアタンの王族の子孫に嫁いだ日本人、マンデラ恵子さんとの出会いがありました。以前からSNSでは繋がっていて、素敵な方だなぁと遠くから拝見していました。実際にお話ししてみると、なんと偶然にもご自宅の改装にセメントタイルを使用される予定だったのです。

 現地社長にも依頼されたため、ご自宅のほか、ロイヤルピタマハ内にてお話しを伺って来ました。kedewatan(クデワタン)という地域にある、villa形式のホテル、ロイヤルピタマハは、2004年に開業。マンデラ恵子さんは、このロイヤルピタマハなどを経営する元王族に1988年に嫁がれている方なのです。今回は、あまりにバリらしく素敵なため、ロイヤルピタマハとマンデラ恵子さんについて紹介いたします。

ロイヤルピタマハ

 ロイヤルピタマハには、アユン川の渓谷に沿った大自然の中に素敵なvillaの建物、ヨガなどのスペース、レストラン、プールが点在しています。この日は少し体調不良で下まで降りて行けず残念でした。中でも湧き水のプールがとても魅力的なのです。天女が舞い降りて水浴びをしたと言われている、とてもしっとりとした雰囲気のある、自然と一体化したようなプールです。いつかロイヤルピタマハに宿泊してぜひここで泳ぎたいと思っています。

 1~2時間、ロビーと天空のレストランでお茶を飲みながら過ごしただけでも、豊かな何かが身体の中に流れ込んで来ます。

 建築様式と、彫刻の装飾、絵画、植物など、バリ独特の文化が表現された素晴らしい空間。全てが芸術的です。癒しの時間を満喫しました。

バリ島の素晴らしい文化を紹介されるマンデラ恵子さん

 マンデラ恵子さんは、バリ島の文化を守ることを常に考えていらっしゃいます。SNS等でも積極的にバリ島の文化・・・バリ舞踊、音楽、絵画等を紹介されています。

 マンデラ恵子さんの嫁がれた村プリアタンには、ご主人のアナック・アグン・グデ・マンデラ氏が創設されたバリ舞踊で世界的にも有名なティルタ・サリ楽団があります。私が初めてこちらで観劇したのは約20年前。その時にはマンデラ恵子さんのことは存じ上げませんでしたが、バリ舞踊の独特さ、美しさに感激しました。

別宅の改装にセメントタイルを

 私の友人であるバリ人がセメントタイルの会社で社長としてお客さまに良いタイルを作るために奮闘していることをお伝えすると、そのセメントタイルを使用されたいということでした。また、タイル自体にもとても興味をお持ちになられて、100年以上前に日本が東南アジアに輸出したマジョリカタイルのお話にも花が咲きました。実は私は日本がインドネシアに輸出したマジョリカタイルを30枚ほど所有しています。また機会がありましたらマジョリカタイルも、マンデラ恵子さんの使用されるセメントタイルも写真に撮ってアップロードしたいと思っています。

 

 さすが芸術の村ウブドにある格式あるホテルだと感嘆させられます。バリ独特の建築様式、美しい石の彫刻、木の彫刻が施された扉など数々のインテリアエレメント。見どころが満載です。ひとつひとつにバリらしさが宿り、その空間にいるだけでヒーリング効果があるような気がします。

 ロイヤルピタマハの近くサンギンガンという地域には、やはりvilla形式のホテル、同系列のピタマハがあります。ここのスパには1999年頃に訪れたことがありますが、川の流れる渓谷のすぐそばで、マッサージや、お花を一面に浮かべたバスタブに入って楽しむ贅沢なスパを経験しました。もちろんロイヤルピタマハにもロイヤルキラーナというスパがあり、とても良いらしいのでこちらもいつか利用してみたいところです。バリ島に訪れる際にはぜひ行ってみて下さいね。

 バリ島での仕入の旅は、今回の様な楽しいハプニングがあるので人生が楽しくなります。

 ちなみに、この様な雰囲気のバリの石材彫刻を日本で再現したい場合、タイルショップ・ガウディでは、彫刻物を輸入し、施工することも実現可能です。セメントタイルはもちろんのこと、バリ島の建築仕上やインテリアエレメントをご要望の場合もお問い合わせ下さいませ。

Royal Pitamaha

ロイヤルピタマハ 日本語サイト:
http://www.royalpitamaha.jp

住所 (google mapにリンク): Kedewatan, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571

一部、完成しました!こちらのページをご覧下さいませ。

マンデラけいこさん別宅・セメントタイル施工例4
マンデラけいこさん別宅・セメントタイル施工例

 セメントタイルをバリ島より輸入販売しておりますTile Shop Gaudi タイルショップ・ガウディです。バリ島ウブド近郊に有りますセメントタイルメーカー “Sorasari cement tiles”より総輸入代理店として輸入販売しております。セメントタイルを皆さまに知って頂ける様に、また、建築やインテリアの参考になりますように、バリ島及び日本での施工例写真を紹介いたします。時々バリ島の生活や文化の写真も載せたいと思っています。

おしゃれな自分好みのインテリアを作ることが出来る、アートなタイル。それがセメントタイルです!

cement_tile施工例- Villa Hotel KORURUA バリ島
派手な色使いと思いきや、計画的でしっとり感のあるインテリア
派手な色使いと思いきや、計画的でしっとり感のあるインテリア

セメントタイルの素敵なインテリア 施工例紹介 Korurua Villa Ubud / バリ島

 セメントタイルをバリ島より輸入販売しておりますTile Shop Gaudi タイルショップ・ガウディです。バリ島ウブド近郊に有りますセメントタイルメーカー “Sorasari cement tiles”より輸入販売しております。セメントタイルを皆さまに知って頂ける様に、また、建築やインテリアの参考になりますように、バリ島及び日本での施工例写真を紹介いたします。時々バリ島の生活や文化の写真も載せたいと思っています。

おしゃれでバリ独特な雰囲気のインテリア

 こちらは、ウブドから車で北に10分足らずのジュンジュンガンという地域に有るヴィラ形式の宿泊施設、Korurua Villa Ubudです。欧米人など外国人に人気の、静かで落ち着いた雰囲気の自然溢れる地域です。

 エントランスはとても地味で、表から見た建築もおとなしい感じですが一歩足を踏み入れると、色と自然とデザインに溢れた世界が繰り広げられています。こちらの設計のインテリアデザイナーはバリ人の様で、エレメントの選択や色の世界観が独特である気がします。セメントタイルの色使いのコンビネーションやお部屋などに飾られているおしゃれなアート作品にギュッと心をつかまれます。

バリ島旅行のおすすめは、ヴィラ滞在です!

 これほどまでに広くて優雅で癒される雰囲気なのに、日本の同じ様な宿泊施設と比べると宿泊費は高くないです。けれども、このヴィラはかなり独自性の高いアーティスティックなインテリアデザインのため、探しても同じ様な宿泊施設はあまり無いとは思います。渓谷に建てられたヴィラのため、自然の中に有り、景色もとても良いです。海外の嬉しいところは、部屋に対する価格なので宿泊人数が2人でも価格が上がらないところですね。また、お子さま連れの場合、お子さまプラス2人となっても価格が上がらないところも多いです。バリ島旅行はリーズナブルなのに、日常を忘れてしっとりとしたアジアンリゾートで癒されるところが魅力です。

 タイルショップ・ガウディでも、セメントタイルは全てオーダーメイドが可能で、バリ島から輸入販売しております。色と柄の選択で、雰囲気が全く変わります。ご自宅や店舗など、お持ちの案件をバリ島のヴィラのような雰囲気にすることもオリジナルデザインで可能なのです。こちらのKorurua Villa Ubudを含め、どんどん施工例を紹介していきますので今後もどうぞお楽しみに!

Korurua Villa Ubud

webサイト: https://www.koruruaubud.com

住所 (google mapにリンク): Jln Tirta Tawar no 1, Junjungan, Ubud-Bali, ウブド, バリ島, インドネシア, 80571

施工例一覧はこちらです

【セメントタイル☆施工例】 バリ島のおすすめ、sisi under the tree店

cement_tile施工例- sisi-under the tree店 バリ島
sisi-under the tree店 バリ島 – 施工例

バリ島のおすすめ人気店【セメントタイル☆施工例】 sisi under the tree店

 こちらで紹介いたしますsisi とは、日本人夫婦がバリ島ウブドで経営する、2000年に営業を開始した魅力的な布を使用して縫製されたバッグ販売のお店です。代表は、バイタリティあふれる生島尚美さん。バッグの他にもカフェを沢山経営されています。

sisi (プンゴセカン店)
Kafe Topi (プンゴセカン店)
sisi (under the tree店)….ウブド王宮から徒歩約5分
Warung Sopa (プンゴセカン店・共同経営)…ベジタリアンレストラン
Warung Sopa (スグリワ店・共同経営)…ベジタリアンレストラン

 sisiのunder the tree店がオープンしたのは2017年。その時に弊社取引先のセメントタイルを施工されました。経営者であり、かつ、バッグのデザイナーである尚美さん。店舗のタイルの選定、色にもこだわりがあった様です。色幅の少ないグリーンを3~4色組み合わせた無地タイルを選ばれました。深めのグリーン。微妙なグラデーションのカラーをランダムに配置。とてもいい感じに仕上がりました!

タイル好きなsisiオーナーの尚美さんにインタビュー

先日バリ島に行った際、毎週日曜日に開催されている、サンデーマーケットで尚美さんと直接お話ししました。

 NATSUKO. セメントタイルを使った感想を教えて下さい。

 尚美さん. いい感じです。他の方にもお勧めしたいです。私のチョイスの色使いを真似してる人が他にも2〜3件ほどある様です。 

 NATSUKO. あのグリーンを選んだ理由は?

 尚美さん. チャンディダサだったか、どこかのリゾートのプールで使われているタイルの色合いがとてもいいなという記憶があって、そのイメージで選びました。

 NATSUKO. Sorasari のタイル、いいですよね。現地社長がクオリティにとてもこだわるバリ人で、安心してます。私もこのタイルを日本でどんどん販売していきたいんです!

 尚美さん. でもね、私、セメントタイルのあの朽ちていく感じも嫌いじゃないんだよね・・・

 NATSUKO. そうなんですね〜!アンティークの雰囲気のセメントタイル素敵ですよね!

     (ちなみに、朽ちていく感じを作るのは簡単です ^.^)

cement_tile施工例- sisi-サンデーマーケット バリ島
尚美さんお手製のドーナツです!

 

セメントタイルの可愛いモチーフをデザインしたオリジナルバッグ

ところで数年前、尚美さんはセメントタイル柄の布を作ってオリジナルの商品を作られました。とても可愛いんですよ!

タイル柄の布を使用した商品へのリンク

sisi under the tree店は、ウブド市場やウブド王宮から徒歩5分の場所にあります。また、サンデーマーケットの開催されるKafe Topiは、sisiの本店、ベジタリアンのWarung Sopa、ヨガスペース、図書室など多様な施設と共にプンゴセカンにあります。バリ島に行った際にはぜひ訪れてみて下さいね!

 

バリ島発オリジナルバッグ sisi

Webサイト: https://sisibag.shop

住所 (google mapにリンク): Jl. Sri Wedari No.,12, Taman kaja, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571 インドネシア

セメントタイルの施工例一覧はこちらです。

セメントタイルで魅力的なインテリア!施工例 Usha Cafe&Bakery / バリ島

バリ島ウブドのおしゃれなカフェ♡
バリ島ウブドのおしゃれなカフェ♡

 ここは、ウブドのプンゴセカン。ロシア系のインテリアの素敵なおしゃれなカフェです。20m先には、洗い物や会計まで普通のお客さんがセルフでこなすという”9 warung” というレストランがあるのでわかりやすいかと思います。

 約3年前の施工で、こちらも下地の状態もよく、丁寧に施工されている様なので、美しいまま保たれています。使用されているモチーフの名前は、HARUKAと言います。セメントタイルの模様の中でも特によく使用されている伝統的なモチーフです。グリーン系の模様が美しく独特の雰囲気を作り出しています。

 セメントタイルのアップの写真は、現地セメントタイル会社社長が見ると頭を抱えるかもしれません。私以上に日本人魂なので、プレスした後、タイルの端に少しでも欠けがあると許せなくてワナワナしてます(笑)私は、セメントタイルはそれが良いのでただただ萌えていますが・・・セメントタイルが全く欠けがなくて、さらに、工業製品のごとく、のっぺらぼうの様に色ムラがなければ、かえって魅力に欠けると思っています。ただ、インドネシアの現状としては、欠けがある&色ムラがあるのはクオリティとして良くないと思われています。つやつやピカピカな材料も好まれています。30年位前の日本の好みと似ている様な気がします。 ちなみに、セメントタイルの欠けや色ムラも日々の努力で激減し、弊社取引先の工場がインドネシアで一番のクオリティと断言出来ます!

 しかし、色ムラがあまりない状態になってしまったセメントタイルはかえって魅力に欠ける・・・逆にどうすれば、ゆらぎのある色ムラを作れるか・・・?それは私が現地で伝えていきます!(^.^)/

 芸術は、完璧の一歩手前でほんの少し崩れたところが一番美しいというのを、私の心の師匠に伺ったことがあります。そのさじ加減が、人の心を揺さぶるか否かの分かれ目なのだと思います。

 

インテリアエレメントとしてのセメントタイル

 ところで・・・想像してみて下さい・・・この空間にセメントタイルが設置されていない空間だったとしたらということを。セメントタイルという個性的な床材の有無で、空間が全く違ってくると思います! しかも、100年経っても大丈夫!な素材です。アントニオ・ガウディの100年以上前に造られた建築物でもとても魅力的なセメントタイルが使われています。ネットで旅行者が時々写真をアップしています。とても100年以上前のものとは思えないですよ。あぁ、いつかこのブログで皆さまに紹介するためにバルセロナにも行かなければ!楽しみにしていて下さいね。

 

Usha Cafe&Bakery

instagram: https://www.instagram.com/usha_cafe_bakery/

住所 (google mapにリンク): Jl. Raya Pengosekan No.2013, MAS, Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571 インドネシア

弊社取扱セメントタイルの施工例一覧はこちらです。

アート感あふれるインテリアMesari Restaurant / バリ島 セメントタイル 施工例紹介

Sorasari Cement tiles / Photo by タイルショップ・ガウディ NATSUKO
インパクト大のモチーフセメントタイル!
インパクト大のモチーフセメントタイル!

 ここは、ウブドのプネスタナンという、静かで落ち着いた、おしゃれな雰囲気を醸し出している地域に有るカフェレストランです。欧米人が好んで滞在する地域で、ヴィラや小さなホテル、雰囲気の良いカフェが立ち並んでいます。バイク一台がやっと通れる、時々小川が流れている、のどかな場所です。

 さて、実はセメントタイルは施工状態によってかなり仕上がりが変わります。日本ではセメントやモルタルの取り扱いについては正しい知識が周知されているので全く心配はありませんが、インドネシアでは信じられないような思い込みや勘違いが多々ある様です。例えば、モルタルを練る時にセメントの配分が多いほど強くなる、などです(汗) しかしこのレストランのセメントタイルは正しい知識で丁寧に施工されている様ですし、手入れも良さそうなのでとても良い状態をキープしています。

 オーナーはアーティスト。フードもアーティスティック!

 ここはオーナーさんが画家の様で、店内はアートで色の洪水状態!カラフル!カフェの片隅に本物のアトリエが有り、描きかけの絵も有ってとても素敵です。アーティスト魂あふれる店内で、細部に渡って気が行き届いていて、訪れた人は皆、満足することでしょう。時間が許せば私ももっと長時間居たかった・・・。注文したエビ入りのタコスとパイナップルジンジャーのジュースもとても美味しく、満足なひとときでした。レビューを見てみても評価がかなり良いです。ウブドを訪れた際には癒されに行ってみてはいかがでしょうか?

Mesari Restaurant

webサイト: https://www.mesariwarung.com/

住所 (google mapにリンク): Jalan Penestanan Kelod, Sayan, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571 インドネシア

 セメントタイルをバリ島より輸入販売しておりますTile Shop Gaudi タイルショップ・ガウディです。バリ島ウブド近郊に有りますセメントタイルメーカーより輸入販売しております。セメントタイルを皆さまに知って頂ける様に、また、建築やインテリアの参考になりますように、バリ島及び日本での施工例写真を紹介いたします。時々バリ島の生活や文化の写真も載せたいと思っています。

弊社取扱セメントタイルの施工例一覧はこちらです。