セメントタイル 施工例紹介 sisi under the tree店 / バリ島

 セメントタイルをバリ島より輸入販売しておりますTile Shop Gaudi タイルショップ・ガウディです。バリ島ウブド近郊に有りますセメントタイルメーカー “Sorasari cement tiles”より輸入販売しております。セメントタイルを皆さまに知って頂ける様に、また、建築やインテリアの参考になりますように、バリ島及び日本での施工例写真を紹介いたします。時々バリ島の生活や文化の写真も載せたいと思っています。

 こちらで紹介いたしますsisi とは、日本人夫婦がバリ島ウブドで経営する、2000年に営業を開始した魅力的な布を使用して縫製されたバッグ販売のお店です。代表は、バイタリティあふれる生島尚美さん。バッグの他にもカフェを沢山経営されています。

sisi (プンゴセカン店)
Kafe Topi (プンゴセカン店)
sisi (under the tree店)….ウブド王宮から徒歩約5分
Warung Sopa (プンゴセカン店・共同経営)…ベジタリアンレストラン
Warung Sopa (スグリワ店・共同経営)…ベジタリアンレストラン

 sisiのunder the tree店がオープンしたのは2017年。その時に弊社取引先のセメントタイルを施工されました。経営者であり、かつ、バッグのデザイナーである尚美さん。店舗のタイルの選定、色にもこだわりがあった様です。色幅の微妙なグリーンを3〜4色組み合わせた無地タイルを選ばれました。さすが卓越したセンスだと当時私も関心していました。

 先日バリ島に行った際、毎週日曜日に開催されている、サンデーマーケットで尚美さんと直接お話ししました。

 NATSUKO. セメントタイルを使った感想を教えて下さい。

 尚美さん. いい感じです。他の方にもお勧めしたいです。私のチョイスの色使いを真似してる人が他にも2〜3件ほどある様です。 

 NATSUKO. あのグリーンを選んだ理由は?

 尚美さん. チャンディダサだったか、どこかのプールで使われているタイルの色合いがとてもいいなという記憶があって、そのイメージで選びました。

 NATSUKO. Sorasari のタイル、いいですよね。現地社長がクオリティにとてもこだわるバリ人で、安心してます。私もこのタイルを日本でどんどん販売していきたいんです!

 尚美さん. でもね、私、セメントタイルのあの朽ちていく感じも嫌いじゃないんだよね・・・

 NATSUKO. そうなんですね〜!

     (ちなみに、朽ちていく感じを作るのは簡単です ^.^)

 ところで数年前、尚美さんはセメントタイル柄の布を作ってオリジナルの商品を作られました。とても可愛いんですよ!

タイル柄の布を使用した商品へのリンク

sisi under the tree店は、ウブド市場やウブド王宮から徒歩5分の場所にあります。また、サンデーマーケットの開催されるKafe Topiは、sisiの本店、ベジタリアンのWarung Sopa、ヨガスペース、図書室など多様な施設と共にプンゴセカンにあります。バリ島に行った際にはぜひ訪れてみて下さいね!

 

バリ島発オリジナルバッグ sisi

Webサイト: https://sisibag.shop

住所 (google mapにリンク): Jl. Sri Wedari No.,12, Taman kaja, Kecamatan Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571 インドネシア

Top page に戻る